代表の真島(まじま)からご挨拶

240_240_5074c065c92da.jpg東京労務コンサルティング−社労士事務所−代表の真島伸一郎(まじま・しんいちろう)です。

当事務所のホームページにご訪問いただき、ありがとうございます。

33歳のときに独立し、約20年間、仕事に全力投球してきました。

社労士業務、受験指導講師、書籍の執筆、講演、企業研修、たくさんのお仕事に携わらせていただきました。ひとえに皆さま方のおかげです。

20年間でなくしたものは髪の毛だけ、得たものは無限大、20年分の経験は、私を一回りも二回りも大きくしてくれたと思っています。

50歳を迎え、己の働く意味、社会の中での立ち位置を考えるようになりました。

私が新入社員だった頃とは、社会が大きく変わりました。

時代の変化の中で、会社も社員もコンサルタントである私も、ひとつところにとどまり続けることはできなくなりました。急速な勢いで変容する時代に併せて、私たちもまた変わっていかなければならないのです。

新しい時代を生き抜くために必要なものは、「会社と社員のWINWINの関係」であると、私は考えます。

会社と社員が信頼し合い、補完し合い、未来に向けて手を携えて歩いて行く。これこそが理想の企業像ではないでしょうか。

現代において労使トラブルが急増している最大の理由は、この「WINWINの精神」が薄れているためです。

私は、企業さまと社員の方々とをつなぐ架け橋になりたい!

企業さま、社員の方々、そして私の三者ががっちりとスクラムを組めば、何一つ恐いものなどない!

そんな精神で20年間走って参りました。そして、その精神は今後もずっと変わることはありません。

末永くご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

特定社会保険労務士、ワーク・ライフバランスコンサルタント:真島伸一郎

 

  

【代表真島のプロフィール】

1994年 工業製品のメーカー勤務時代に社労士試験に合格し、実務研修を経て、社労士として独立開業しました。しばらくはLEC東京リーガルマインドで社労士試験受験講座の講師をしながら、営業活動にいそしみ、徐々に顧問先も増えていきました。
1995年 縁あって、こう書房から「年金のもらい方便利事典」を出版することができ、その後執筆業を業務に加えることができるようになりました。
2001年 受験指導・講演・企業研修・執筆等の仕事に専念したいため、顧問業務を中断しました。
2005年 真島社労士塾を立ち上げ、塾長として社労士試験受験指導に邁進しました。
2010年 顧問業務を再開しました。事務所名を、「真島社会保険労務士事務所」から「東京労務コンサルティング」に変更しました。
2012年

○紛争解決手続代理業務試験に合格し、特定社会保険労務士となりました。

○ワーク・ライフバランスに力を入れるようになりました。

 

__sozai__/0012115.png 就業規則作成・変更(トップ) __sozai__/0012115.png 労使トラブル予防・解決 __sozai__/0012115.png是正勧告対策
__sozai__/0012115.png 報酬規定 __sozai__/0012115.png お客さまの声 __sozai__/0012115.png よくあるご質問

TEL :03-6760-0322

お気軽にご連絡ください。

メールフォームからのお問合せはこちら