shuki.png弊事務所のホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。

私どもは、就業規則に強い社労士事務所 です。

貴社の実態に合ったオンリーワンの就業規則 を作成 します。

 

就業規則は、「会社における法律」です。国にも法律がありますが、各々の実情に応じて内容は異なりますね。就業規則も、会社の実情に応じて作成するべきであることは当然です。

 

そう、就業規則はオーダーメイドが常識です。

 

私どもにお任せください。貴社の環境を整備し、従業員さん達のモチベーションも向上させる「オンリーワン」の就業規則を作成します。

 59.166.109.20.gif

まずは、あなたの会社の就業規則を診断しましょう(無料)。小冊子もプレゼントします。

就業規則Q&A

なぜ就業規則が大切なの?

就業規則が、いざというときにあなたの会社を守る強固な楯だからです。OK.jpg

近年、義務を果たさずに権利ばかり主張する労働者が急増しています。彼らは即座に
インターネットで情報を収集し、理論武装した上で、社長のあなたに牙を向きます。
直接文句を言うのはまだマシな方で、人によってはある日突然次のような行動に出ます。

○ 労働基準監督署に駆け込む。
○ 弁護士を連れて来る。
○ 合同労組を連れて来る。
○ 裁判を起こす。

労使トラブルは泥沼化し、最後の最後は必ず「言った、言わない」の争いとなります。
そんなときに、就業規則という文書が、強力な証拠能力を持つ ではありませんか!

 

 「でも、逆に就業規則が労働者側に有利な証拠となることはないの?」

 

あなたは大事なことを忘れています。就業規則を作るのは誰でしょうか。労働者ですか?労働者が作るのならば労働者に有利な内容になるでしょうが、真実は違っていて会社です。
他ならぬ社長のあなたか、またはあなたから依頼を受けた弊事務所が、「会社防衛に力点を置き作成する」のです。
そんな就業規則が社員側に有利な証拠となるはずがありませんね。

 

そう、多くの社長が勘違いをしています。


就業規則の作成は、社長の

 

義務 ではなく、
 
権利 なのです。

 

法によって就業規則を作成する権利を与えられているのですから、そりゃあ作らにゃ損というものでしょ。

総務部の社員に作らせるのは?

ダメです。最強の敵に最強の武器を与えるつもりですか?NG.jpg 総務部の社員は、基本的に全員が労働者ですよね(一部の企業では、総務部長が役員である場合もあるでしょうが)。
労働者とは、いざ労使トラブルが発生したときに、あなたの敵になる存在です。
あなたの最後の拠り所である就業規則を敵に作らせる、そんな愚を犯しますか?

どれぐらい時間がかかるの?

最低でも2〜3カ月いただきます。

私どもは「職人」である、と自負しております。お客さまの会社の就業規則は、私どもにとって「作品」です。

 

したがって、時間をかけてじっくりじっくり作成します。具体的には、以下の流れとなります。

 

@訪問

 ↓ 詳細な打ち合わせ

A訪問

 ↓ 私どもがご提供する「雛形」の読み合わせ⇒一文ずつ読み合わせを行うことにより、貴社の実態に合った就業規則を作り上げていきます。

B訪問

 ↓ 前回読み合わせを行った内容を反映させた就業規則をお持ちし、相互確認を行います。

 

   ※A〜Bを数回繰り返すのが一般的です。

 

C届出

 三六協定等の必要書類を付加し、就業規則本体を労働基準監督署へ届け出ます。

 

以上、@〜Cまでの期間は、最低でも2〜3カ月を要します。

 

「え、そんなにかかるの?」とのお声をいただくこともありますが、私どもの経験上、それぐらい時間をかけてじっくり作らないと良いものはできないと認識しておりますので、申し訳ありませんが、すべてのお客さまにおつきあいいただいております。

 

その代わり、必ずご満足いただける就業規則を納品致し ますので、ご安心ください。

就業規則の作成・変更は私どもにお任せを

私どもにお任せください!

徹底的にあなたの会社を守る就業規則を、完全オーダーメイドで作成します!

これでもう労使トラブルが起きても安心、あなたは経営に専念してください。

question.gif

 

就業規則作成に付随する業務

労使トラブルの予防・解決
 
是正勧告対策
 

就業規則の整備によって労使トラブルの9割は防げますが、それでも起きてしまうことがあります。私どもは、豊富な知識と交渉力を駆使し、早期円満解決を図ります。泥沼化する前にご相談ください。

→ 詳しくはこちら

  oni.jpg 

ある日突然労働基準監督官がやって来る。立ち入り調査による是正勧告は脅威ですよね。労働基準監督官の対応には勘どころがあります。プロにお任せを。

→ 詳しくはこちら